クリスマスにおすすめの絵本『サンタさんから きたてがみ』

実際に子どもから手紙を預かったという方もいると思います。

私の息子に今年はサンタさんに何をお願いするのと聞くと、

「トミカのぐるぐるパーキング」

をお願いするとのこと。

さぁ、息子よ!サンタさんはやってくるかな?いい子にしてないとサンタさんは家をスルーするかもよ。笑

今日ご紹介する絵本は『サンタさんから きたてがみ』という絵本です。

クリスマスに読み聞かせるのにピッタリの絵本ですよ。


作:たんのゆきこ
絵:垂石眞子
出版社:福音館書店
ページ数:28ページ

『サンタさんから きたてがみ』のあらすじ

今日はクリスマスです

ネズミの郵便屋さんは手紙を届けるために外に飛び出しました

しかし、あんまり急いでいたので滑って転んでしまいました

その時に手紙を落としてしまったのです

その中の一枚が雪で濡れて消えているのです

これでは誰に送られた手紙なのか分かりません

「こまったなあ」

他の手紙は配達しなければならないので、とぼとぼと歩きだしました

いつも元気なネズミの郵便屋さんが、しょんぼりしているので

森の動物達は心配しました

手紙を配り終えたネズミは、宛先が消えた手紙を取り出しました

そこへ、きつね、ふくろう、りす、くま、うさぎ、からすがやってきました

みんな心配しています

その時、うさぎが気づきます

「その手紙、誰から来たの?」

ネズミは手紙をひっくり返してみました

その手紙はサンタさんから来ていたのです

しかし、サンタさんから手紙をもらうのは一体誰なのでしょう

消えかかった宛名の絵を頼りに、動物たちが誰に送られたのかを考えます

『サンタさんから きたてがみ』の感想

ねずみの郵便屋さんはとても責任感が強く、自分の仕事をしっかりと全うします。

これは子どもながらに、とても印象に残るのではないでしょうか。

そして、出て来る動物たちがみんな可愛いんです。笑

ネズミのことを心配しながらも、

消えかかった絵の少しの特徴を捉えて、

サンタさんは自分に手紙を送ってくれたんだと主張します。

文字の量としては少なめなので、3歳ぐらいから読み聞かせを始められる絵本だなと感じました。

『サンタさんから きたてがみ』を読み聞かせる時のポイント

 たくさんの動物達の声を変えてみる
小さい動物はねずみやりす、大きい動物はくまやきつねが出てきますが、声の高低や、速さなどを変えてみて、特徴を出すと面白いです。

 ねずみの心配をしっかりと伝える
ねずみは手紙を落っことしてしまうことを責任を持って自分で解決しようとします。
心配した様子や不安な様子を表してみましょう。

こんな人におすすめ

 動物が大好きな人

 子どもに仕事を最後までしっかりすることを教えたい人

→こちらからアマゾンで『サンタさんから きたてがみ』を購入できます

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


絵本ランキング


読み聞かせランキング

クリスマスに最適な絵本『クリスマスのふしぎなはこ』~2歳から始められる絵本~

皆さんの家庭では、クリスマスのお祝いはしますか?

お子様がいる家庭では、プレゼントの用意は重要なことですよね。

しかし、それ以上に考えるのが、プレゼントの渡し方だと思います。

私が小さいときには、朝起きるとベランダに置いてあったり枕元に置いてあったりするパターンでした。

昨年は私の家庭でもベランダパターンを実行しましたが、

今年は頑張ってコスプレをしてサンタさんになりきってプレゼントを渡したいと思っています。

ここでさけて通れないのが、サンタさん「いる・いない」問題です。

サンタさんはどこでなにをしているのかという質問もありますし、

「来るまで起きてる」意地(笑)などまつわる話はたくさんありますよね。

今日紹介する絵本『クリスマスのふしぎなはこ』はそんなサンタさんが、

自分の家に来るまでの過程を描いた物語です。


文:長谷川摂子
絵:斉藤俊之
出版社:福音館書店
ページ数:24ページ

『クリスマスのふしぎなはこ』のあらすじ

クリスマスの日、縁側の下で黄色い箱を見つけます

中を開けてみると、サンタさんが眠っていました

その箱を持って帰って、ベッドの下に隠しちゃいます

お母さんに「サンタさんはもう出発したかな」と聞くと

「おねぼうしてないといけどね」と言うので

不安になり、サンタさんの箱を見てみると

サンタさんはこれから出発するところでした

その後お母さんに「サンタさんは、もうそりに乗ったかな」と聞くと

「サンタさん、こおりに流されてないといいけど」と言うので

急いでサンタさんの箱を見ると

サンタさんは森の中を超特急で走っていました

次はお父さんに「サンタさん、もうすぐうちに来るかな」と聞くと

「そろそろ街につく頃かな」と言うので

こっそりサンタさんの箱を見てみると

サンタさんは街の上を飛んでたけど知らない町でした

寝る前にお母さんに「もうすぐサンタさんうちに来るよね」と聞くと

「サンタさんは寝たのを確認してから来るから、早く寝ましょう」と言うので

お母さんが向こうに行ったすきに、サンタさんの箱を見てみると

僕の街に来てました!

急いで布団に潜り込んで目をつむりました

次の日の朝起きると・・・

『クリスマスのふしぎなはこ』の感想

この絵本は2歳から4歳に推奨となっているとおり、文章の量は少なめになっています。

クリスマスが近くなると、サンタさんにプレゼントをお願いする子どもは多いと思いますが、

サンタさんがどこで何をしているか、疑問に思っている子どもも多いと思います。

そんな答えるのに少し困る疑問を少しは解決できるのではないでしょうか。

朝こんな風にしてサンタさんがプレゼントを持ってきてくれるんだと子どもに教えるにはとてもいい絵本です。

『クリスマスのふしぎなはこ』を読み聞かせる時のポイント

 両親に見つからないようにこっそり箱を見る

この箱を見つけたとき、ベッドの下に隠したり、お母さんがいない時に中を見てみたり、こっそりと確認したい雰囲気で読んであげると良いです。

 なによりクリスマスを楽しみにしている

サンタさんが来てくれるのを心配しているので、クリスマスをとても楽しみにしています。そのワクワクした雰囲気をだすと、子どももクリスマスの楽しさを確認できると思います。

こんな人におすすめ

 子どもにサンタさんが何をしているか伝えたい人

 子どもと一緒にクリスマスを楽しみたい人

→こちらからアマゾンで『クリスマスのふしぎなはこ』を購入できます

最後までお読み頂きましてありがとうございます。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


絵本ランキング


読み聞かせランキング

読み聞かせ絵本『はやくおきてよ サンタさん』~クリスマスにおすすめ絵本~

我が家ではおもちゃのプレゼントはクリスマスにしかもらえないことになっているので、

子どもはクリスマスを楽しみにしています。

おもちゃをクリスマスにしかプレゼントしないのには色々なわけがあるのですが、

おもちゃはじいちゃんばあちゃんから買ってもらえるし、いいかなと思っています。

ちなみにお誕生日にはプレゼントとして毎年靴をプレゼントすることに決めています。

小さいときには物足りなく感じるかもしれませんが、

大きくなってきていい思い出になってくれればと思っています。

そして、今年のクリスマスには、頑張ってコスプレしてみようとサンタさんの衣装を購入しました。

息子に喜んでもらえるように、サンタになりきりたいと思います。笑

そして、今日紹介する絵本はクリスマスのこの時期に特におすすめの『はやくおきてよ サンタさん』です。

「あわてんぼうのサンタクロース」という歌があるように、

サンタクロースはどこか間抜けなイメージがあるものなのでしょうか??


作:マーカス・フィスター
訳:那須田淳
出版社:講談社
ページ数:26ページ

『はやくおきてよ サンタさん』のあらすじ

クリスマスイブの朝

ふと目を覚ますともう昼近くになっていました

慌てて準備を始めますが、長靴の片方が見つかりません

ようやく長靴を見つけ外に出ると、腰までの雪に一苦労

寒さに文句を言うトナカイの準備を終えたと思ったらプレゼントを家に忘れてくる始末

しかしそのプレゼントは大きすぎて、家の玄関から出すことができません

やっとの思いで出発しようとしますが、トナカイたちに元気がありません

餌を与えるのを忘れていたのです

餌を与え、出発しますが、そりの調子がよくありません

調子の悪いそりを頑張って引っ張りますが、途中で止まってしまいます

このままではプレゼントが届けられません

どうしようと悩んでいると、どこからか「リン、リン、リン」と聞こえてきます

サンタクロースは無事にプレゼントを届けられるのでしょうか

『はやくおきてよ サンタさん』の感想

この絵本の面白いところは、サンタさんのコミカルな仕草です。

長靴を探したり、トナカイに干し草をあげたり・・・

最後の結末にはびっくりしますが、

こういった起承転結がしっかりとした物語は読み聞かせていてもとても楽しかったです。

少し文字は多めなので、4~5歳から読み聞かせると最後まで集中してくれると思います。

雪のたくさんある国から、子どもたちのためにトナカイを引き連れてプレゼントを配るというサンタさんの苦労が理解できると、

子どももサンタさんにありがとうを言いたくなるでしょう。

『はやくおきてよ サンタさん』を読み聞かせる時のポイント

 会話以外の場面の雰囲気を出す

この物語に登場するのはサンタさんとトナカイだけです。会話のシーンはあまり出てきませんが、情景や行動のシーンがたくさん出てきます。
その場面をしっかりと読んであげましょう。

 サンタさんの気持ちを表す

寝坊をしたサンタさんは慌てますよね。トナカイに餌を上げ忘れた時は、びっくりするかトナカイに申し訳ないようにしますよね。
そのサンタさんのサンタさんの気持ちを汲むようにして読んであげると良いです。

こんなひとにおすすめ

 クリスマスにサンタさんからのプレゼントを楽しみに待っている

 サンタさんが苦労してプレゼントを用意して配っているのを教えたい

→こちらからアマゾンで『はやくおきてよ サンタさん』を購入できます

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


絵本ランキング


読み聞かせランキング