クリスマスに最適な絵本『クリスマスのふしぎなはこ』~2歳から始められる絵本~

皆さんの家庭では、クリスマスのお祝いはしますか?

お子様がいる家庭では、プレゼントの用意は重要なことですよね。

しかし、それ以上に考えるのが、プレゼントの渡し方だと思います。

私が小さいときには、朝起きるとベランダに置いてあったり枕元に置いてあったりするパターンでした。

昨年は私の家庭でもベランダパターンを実行しましたが、

今年は頑張ってコスプレをしてサンタさんになりきってプレゼントを渡したいと思っています。

ここでさけて通れないのが、サンタさん「いる・いない」問題です。

サンタさんはどこでなにをしているのかという質問もありますし、

「来るまで起きてる」意地(笑)などまつわる話はたくさんありますよね。

今日紹介する絵本『クリスマスのふしぎなはこ』はそんなサンタさんが、

自分の家に来るまでの過程を描いた物語です。


文:長谷川摂子
絵:斉藤俊之
出版社:福音館書店
ページ数:24ページ

『クリスマスのふしぎなはこ』のあらすじ

クリスマスの日、縁側の下で黄色い箱を見つけます

中を開けてみると、サンタさんが眠っていました

その箱を持って帰って、ベッドの下に隠しちゃいます

お母さんに「サンタさんはもう出発したかな」と聞くと

「おねぼうしてないといけどね」と言うので

不安になり、サンタさんの箱を見てみると

サンタさんはこれから出発するところでした

その後お母さんに「サンタさんは、もうそりに乗ったかな」と聞くと

「サンタさん、こおりに流されてないといいけど」と言うので

急いでサンタさんの箱を見ると

サンタさんは森の中を超特急で走っていました

次はお父さんに「サンタさん、もうすぐうちに来るかな」と聞くと

「そろそろ街につく頃かな」と言うので

こっそりサンタさんの箱を見てみると

サンタさんは街の上を飛んでたけど知らない町でした

寝る前にお母さんに「もうすぐサンタさんうちに来るよね」と聞くと

「サンタさんは寝たのを確認してから来るから、早く寝ましょう」と言うので

お母さんが向こうに行ったすきに、サンタさんの箱を見てみると

僕の街に来てました!

急いで布団に潜り込んで目をつむりました

次の日の朝起きると・・・

『クリスマスのふしぎなはこ』の感想

この絵本は2歳から4歳に推奨となっているとおり、文章の量は少なめになっています。

クリスマスが近くなると、サンタさんにプレゼントをお願いする子どもは多いと思いますが、

サンタさんがどこで何をしているか、疑問に思っている子どもも多いと思います。

そんな答えるのに少し困る疑問を少しは解決できるのではないでしょうか。

朝こんな風にしてサンタさんがプレゼントを持ってきてくれるんだと子どもに教えるにはとてもいい絵本です。

『クリスマスのふしぎなはこ』を読み聞かせる時のポイント

 両親に見つからないようにこっそり箱を見る

この箱を見つけたとき、ベッドの下に隠したり、お母さんがいない時に中を見てみたり、こっそりと確認したい雰囲気で読んであげると良いです。

 なによりクリスマスを楽しみにしている

サンタさんが来てくれるのを心配しているので、クリスマスをとても楽しみにしています。そのワクワクした雰囲気をだすと、子どももクリスマスの楽しさを確認できると思います。

こんな人におすすめ

 子どもにサンタさんが何をしているか伝えたい人

 子どもと一緒にクリスマスを楽しみたい人

→こちらからアマゾンで『クリスマスのふしぎなはこ』を購入できます

最後までお読み頂きましてありがとうございます。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


絵本ランキング


読み聞かせランキング

おすすめの絵本『ちょっとだけ まいご』~1歳からでも楽しめる絵本~

今回は絵本『ちょっとだけ まいご』を紹介したいと思います。

この絵本は私が図書館で借りてくると、字がまだ読めない息子でもタイトルを覚えているほど保育園や幼稚園でも人気の絵本のようです。

タイトルにも書いたとおり、文字の数が少ないので1歳からでも読み聞かせにはおすすめです。


『ちょっとだけ まいご』
作:クリス・ホートン
訳:木坂 涼
出版社:BL出版株式会社
ページ数:16ページ

あらすじ

木の上で眠るフクロウの親子。

しかし、子フクロウが「おっ おー!」と落ちていってしまいます。

落ちたところでリスと出会います。

リスは「大丈夫。おいらが母ちゃんを見つけてやる」と約束します。

子フクロウのジェスチャーを頼りに親フクロウを探す2人。

そのジェスチャーをみてリスが連れてきた動物とは。。。

『ちょっとだけ まいご』の感想

リスと子フクロウの偶然の出会い。子フクロウを助けようとリスは頑張りますが、なかなか思うように伝わらず泣きそうになる子フクロウ。

読み聞かせをしているとついつい感情移入してしまいます。

そして、先程も書いたように、文字数が少ないので1歳からでも楽しめる絵本になっています。

しかし、しっかりとしたストーリーにもなっていますし、子フクロウのジェスチャーは子供と一緒に楽しみながら考えることができるますよ。

子どもにも親しみやすい絵と色使いが特徴でもあります。

そして、一箇所だけ仕掛けがあるのですが、それが最初の1ページ目です。

1ページだけ半分のページがあり、そこをめくると、子フクロウが「おっ おー!」と落ちていってしまいます。

私の息子の一番のお気に入りの場面でもあります。

読み聞かせのポイント

私なりに読み聞かせのポイントを紹介したいと思います。

 子フクロウが落ちる時の『おっ おー!』
この箇所は仕掛けページにもなっていますし、話の導入部分にもなりますので、指で子フクロウを追うようにして『おっ おー!』と話してあげるととても喜びます。

 子フクロウのジェスチャーを子どもと一緒に真似してみる
子フクロウのジェスチャーは「すごーくおおきいんだ」や「みみがとんがっているんだ」など、とてもユニークがジェスチャーが多いです。
これを子どもと一緒に真似すると、考えるきっかけを作ることもできますし、他のジェスチャーを考えたりすることもできます。

こんな人におすすめ

 幼児用の絵本では物足りなくなってきた

 そろそろストーリーのある物語を読んであげたい

 ジェスチャーを交えて読んであげたい

→ちょっとだけまいごをこちらからアマゾンで購入できます

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村 にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
絵本ランキング
読み聞かせランキング