大人におすすめの絵本『わたしのげぼく』~猫を飼っている人に、泣ける絵本~

クリスマスも終わり、世間はお正月ムード一色ですね。

お正月の歌で猫はこたつで丸くなるとあります。

私は猫アレルギーですので、猫は飼ったことがありませんが、

きっと寒い日には暖を求めて、人間に甘えたりストーブやこたつに近づくものなのでしょうね。

想像するだけで可愛いです。。(猫アレルギーですが、猫は大好き)

この絵本に登場する猫も人間に愛される猫であり、愛に溢れています。

タイトルは

『わたしのげぼく』

猫はよく家族の中で順位をつけるという話を聞いたことがあります。

タイトルから察する通り人間のことを『げぼく』と呼んでいます。

この猫と飼い主である『げぼく』との愛に溢れた、涙なしでは読み切れない物語です。


『わたしのげぼく』
作:上野そら
絵:くまくら珠美
ページ数:68ページ

スポンサーリンク

『わたしのげぼく』のあらすじ

わたしはネコだ

かっこよくて、くて、素早いのが自慢である

オスだが、知的なネコには「わたし」がふさわしい

わたしは子猫だった頃に、4歳の男の子に選ばれて引き取られた

かわいいと言われるのは心外だが、わたしは素敵な猫なのだ

4歳の彼は、毎日私の世話をした

しかし、彼という言い方はよそよそしいので言い直そう

彼は、私の『げぼく』である

げぼくはとても、どんくさい

そして子どもの泣き声は不愉快だから、げぼくよ、泣くな

ある日、げぼくはおもちゃを買ってもらった

そのおもちゃを壊してしまう

げぼくはわんわん泣いた

げぼくに悪いことをした・・・

仕方がないので、げぼくにいいものをやろう

ゴキブリを捕まえてプレゼントするとげぼくは、泣いて喜んだ

七夕のある日、げぼくは新しいおもちゃを買ってもらえるように短冊に願い事を書いた

そして、時はたち、げぼくはとても大きくなった

星を見るのがすきなげぼくは、流れ星を見るたびに、いまだ騒いでいる

この家に来て18年、私もすっかり年をとった

げぼくとちがってとても素早い私は、年をとるのもずっと早い

私は賢いネコだから知っている

私はもうすぐ死ぬのだろう

『わたしのげぼく』の感想

まずは、本当に涙なしでは読みきれません

4歳というとても素直な子どもと接する、ちょっとプライドの高い、

それでいて、「げぼく」のことがとっても大好きなネコが、愛しくてたまりません。

「げぼく」も本当にこのネコのことを好きなんだということも、ひしひしと伝わってきます。

相思相愛の関係を、コメディチックに描いています。

ペットを飼うということに、強い責任をもってもらいたかったり、

動物の死に対することをこどもに伝えるのにはいいかもしれません。

文字数は少ないですが、解釈がむずかしいところもあるので、

子どもに読み聞かせる場合には、しっかりと説明をしながら読み聞かせるといいと思います。

スポンサーリンク

『わたしのげぼく』を読み聞かせる時のポイント

 解釈が難しいところは、説明する

例えばタイトルにある「げぼく」というのも、説明が必要な箇所ではないかと思います。

ネコっていうのはこんな習性があるんだよということを伝えながら読むといいです。

 読み聞かせる前に読んでみる

自分で一度最後まで呼んだ後に読み聞かせると、また違った表現や解釈ができます。

こんな人におすすめ

 ペットを飼うことに対して責任をもってもらいたい

 「死」に関することを少しでも学んでもらいたい

 とにかく猫が好き

→こちらからアマゾンで『わたしのげぼく』を購入できます

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


絵本ランキング


読み聞かせランキング

スポンサーリンク

コメントを残す